トイレの水漏れやトラブルの対処方法

今では当たり前になったウォッシュレットですが、ひと昔前までは温水が出る便器と言えば、大変珍しいものでありました。それが今では、家庭での普及率は80%を超えていると言われています。

■ウォッシュレットの魅力

ウォシュレットのメリットは、温水で洗えることはもちろん、便座が暖かいことではないでしょうか。小さいお子さま、高齢者の方々等、いきなり寒いトイレから暖かい部屋に入ると体調を崩す方もいらっしゃいます。そんな便利なウォッシュレットだからこそ、トラブルが発生した時は、大変です。トイレの交換を検討しなければならないほどのトラブルが発生しないよう、自分でできる対処方法を知っておきましょう。



■手軽な作業で水漏れを防止

もっとも手軽にできる対処方法は、リモコン電池の電池切れをなくすことです。ウォシュレットのボタンを押しても、水が止まらないといった経験はありませんか。ノズルから水が止まらず、何度もボタンを押してみたけど、結局、専門業者に来てもらったと言う方も少なくありません。
これは、リモコン電池が切れたために起こったトラブルです。ウォシュレットには、便座の横に操作ボタンがあるタイプと、トイレ内の壁に取り付けられているタイプがあります。便座横に設置されているタイプはコンセントからの電源となっているため、電池切れの心配はありませんが、壁に設置されているタイプのものは電池式になります。そのため、その都度、新しい電池に交換しなければなりません。反応が鈍くなった時は、早めに電池を交換しましょう。



■まとめ
ウォシュレットは、無理やり取り外してはいけません。破損させてしまうと漏電し、火災を引き起こす恐れがあるため、大変危険です。水漏れを発見した時は、まずは目で確かめ、どこから水漏れしているのかを確認しましょう。自力では難しい場合は、専門業者に相談されることをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ