トイレの水漏れでの止水栓の役割

トイレの水漏れを止めるもっとも簡単な対処方法は、止水栓を閉めることです。一般的にはトイレ内の本体周辺にありますが、見当たらない場合は、屋外にある止水栓を閉めましょう。

■止水栓の役割

止水栓には、水道修理を行う際に水を止める役割と、水の勢いを調節する役割があります。栓が固くて回らない場合は、マイナスドライバー等を利用して、時計回りに回してみましょう。無理に回そうとすると、配管を傷つけ、破壊してしまうかもしれません。あまりにも固い場合は、水漏れの修理を専門業者に依頼することをおすすめします。




■止水栓の調節方法

水の勢いを調節する役割についてですが、止水栓がきちんと調節されていれば、タンク内のボールタップ等に故障が発生しても、いきなり水がタンクの外に流れ出ることはありません。しかし、止水栓が正しい状態に調節されていないと、排水管から流れ出す水量よりもタンク内に供給される水量が上回り、タンクの外に溢れ出してしまう場合があります。
止水栓の調節方法は、まずタンクの蓋を外します。タンク内にある浮き玉を下まで押し下げた状態で、徐々に開いていきます。水面がオーバーフロー管よりも1センチ程度上がベストポジションです。それ以上、上昇しないよう、注意しながら、止水栓を調節していきましょう。
次に、タンク内の水位を確認します。正常な場合は、水位は-WL-と表示された位置にあります。表示がない場合は、オーバーフロー管の先端から2センチから3センチ下を目途にします。最後に、タンクの蓋を閉めて完了です。




■まとめ
止水栓の調節が上手くできなかった時は、専門業者に相談しましょう。無理に作業をしてしまうとかえって不具合を発生させてしまう危険性もあります。そうなるとトイレの交換を行わなければならない状況をつくってしまうかもしれません。不安な場合は業者に依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ